ワールドシリーズ2017


 
UPDATED 2017/10/28

前田無失点リリーフ
ドジャーズは延長逆転負け

10月 25日 -- ワールドシリーズはロサンゼルスで第2戦を行い、 アストロズが九回に追いついて延長の末にドジャーズに 7-6で勝ち、 対戦成績を 1-1とした。

ドジャーズは前田健太が 1点リードされた五回に 2番手で登板し、中飛、 左飛、右邪飛に打ち取った。同点になった六回も続投し、 先頭打者のカーロス・コレアに左前安打された後、次の打者を捕邪飛に打ち取って 降板した。25球だった。

ドジャーズは六回の攻撃でコーリー・シーガーが 2ラン本塁打を放って勝ち越したが、 八回途中から登板した守護神のケンリー・ジャンセンが打たれて 2失点し、3-3とされた。

延長はアストロズが勢いに乗り、10回先頭打者の ホセ・アルチューベとカーロス・コレアが連続ソロ本塁打を放って 2点勝ち越した。

ドジャーズは裏の攻撃で粘り、ヤシエル・プイグのソロ本塁打と エンリケ・ヘルナンデスの適時打によって 5-5とした。

アストロズは 11回に先頭打者が中前安打で出塁し、次のジョージ・スプリンガーが右中間本塁打を放って 2点勝ち越した。

ドジャーズは裏の攻撃で 2死からチャーリー・カルバーソンが左中間本塁打を放ち、 1点返したが、次のプイグが三振に倒れて試合終了となった。

両チームあわせて 8本塁打はワールドシリーズ記録となった。


Copyright © 1996-2017 TSP21.com