メジャーリーグ・ニュース


 
UPDATED 2018/5/14

大谷好投も 4勝目ならず
7回途中 3安打 1失点 11奪三振

5月 13日 -- エンゼルス大谷翔平がホームのツインズ戦に先発登板し、7回途中まで投げて 3安打 1失点 2四球 11奪三振だった。 勝敗はつかなかった。

エンゼルスは 2-1でサヨナラ勝ちした。

母の日の試合で、選手たちはピンク色の特製帽子を被ってプレイした。 大谷は力強い速球で押し、変化球で緩急つけて打者を打ち取った。

一回は先頭打者を遊撃内野安打で出したが、 後続を二ゴロ、空振り三振、二ゴロに打ち取った。

二回は空振り三振、右前安打、見逃し三振、空振り三振。

三回は見逃し三振、空振り三振、空振り三振。

四回は右飛、空振り三振、空振り三振。

五回は右前安打、左飛、二ゴロ、空振り三振。

1点援護を得た六回は四球、右飛、二ゴロ、空振り三振。

七回は一飛、四球で降板した。 103球だった。

勝ち投手の権利を持って降板したが、 リリーフ投手が打たれて同点にされたため、勝利を逃した。 3勝 1敗、防御率 3.58。

エンゼルスは同点の九回表に勝ち越されそうなピンチがあったが、 外野からの好返球によって走者をホームでアウトにし、失点を阻止した。

裏の攻撃は死球と投前犠打で 1死二塁にした。次のザック・コザルトが左前安打を放ち、左翼手がボールをこぼしている間に走者がホームに生還し、サヨナラ劇にした。


Copyright © 1996-2018 TSP21.com