F1ニュース


 
UPDATED 2019/9/30

ロシアGPハミルトン優勝
メルセデス 1-2フィニッシュ

9月 29日 -- F1グランプリ・第16戦ロシアGP決勝レース 53周は 2番グリッドからスタートしたメルセデスハミルトンが 27周目に先頭に立ち、優勝した。

4レースぶりの優勝で今季 9勝目となった。ポイントを 322に伸ばし、 総合 3連覇に近づいた。

スタートで出遅れてフェラーリの 2台に前を行かれ、 5番グリッドから好発進したサインツマクラーレン)にも抜かれそうになったが、 3位を死守した。

23周目に 2位を走行するルクレール(フェラーリ)がタイヤ交換し、 27周目に先頭のベッテル(フェラーリ)がタイヤ交換した。 ベッテルはコース復帰直後に発電モーターに不調を起こしてスローダウンし、コース脇に停車してレースを終えた。

ここでバーチャルセーフティーカーが導入され、 ハミルトンがこれを利用してタイヤ交換し、先頭でコースに復帰した。

その後は順調に周回を消化し、フィニッシュした。

同僚のボタスは 2位で終えた。メルセデスは今季 8度目の 1-2フィニッシュを達成した。

ルクレールは 3位に入った。 レッドブルフェルスタッペンが 4位、アルボンが 5位。


Copyright © 1996-2019 TSP21.com