F1ニュース


 
UPDATED 2019/7/1

フェルスタッペン今季初優勝
ホンダは 13年ぶり

6月 30日 -- F1グランプリ・第9戦オーストリアGP決勝レース 71周は 2番グリッドから発進したレッドブルフェルスタッペンが 69周目に先頭に立ち、 今季初優勝を飾った。

レッドブルにエンジン供給するホンダは 2006年のハンガリーGP以来、13年ぶりの優勝となった。

フェルスタッペンはスタートに失敗して 7位に下がったが、追い上げて 56周目に 2位に浮上し、69周目にルクレールフェラーリ)を抜いて先頭に立った。

ルクレールと第3コーナーで並んだ時にマシンが外に膨らんでルクレールの走路をふさぎ、コース外にはじき出して前に出た。 この行為がレース後に審議対象となったが、フェルスタッペンに対するペナルティはなく、順位が確定した。

ルクレールは 2位に入った。

好調のメルセデスボタスが 3位、ハミルトンが 5位に終わった。


Copyright © 1996-2019 TSP21.com