F1ニュース


 
UPDATED 2018/10/1

ハミルトン今季 8勝目
同僚のボタスが先頭を譲る

9月 30日 -- F1グランプリ第16戦ロシアGP・決勝レース 53周は 2番グリッドからスタートしたハミルトンメルセデス)が 44周目に先頭に立ち、優勝した。

同僚のボタスはポールポジションから好発進して先頭を走ったが、 12周目のタイヤ交換で 2位に下がり、さらに チームオーダーによってハミルトンを前に行かせる指示が出て 26周目に 3位に下がった。 終盤に順位をあげて 2位で終えた。

メルセデスの 1-2フィニッシュは今季 3度目となった。

3番グリッドからスタートしたベッテルフェラーリ)は前を走るメルセデス勢を追い抜けずに 3位で終えた。

19番グリッドからスタートしたフェルスタッペンレッドブル)は序盤でタイヤ交換を行わずに 20周目に先頭に立ったが、 44周目にタイヤ交換を行って後退し、5位で終えた。


Copyright © 1996-2018 TSP21.com