F1ニュース


 
UPDATED 2018/7/9

イギリスGPベッテル優勝
ハミルトンは 1周目にスピン

7月 8日 -- F1グランプリ第10戦イギリスGP・決勝レース 52周は 2番グリッドから好発進したベッテルフェラーリ)が 1周目に先頭に立ち、 終盤に順位を落としたが、残り 5周でボタスメルセデス)を抜いて優勝した。

ポールポジションのハミルトン(メルセデス)はスタートで出遅れてベッテルに先を行かれ、 さらにその直後の 3コーナーの出口で接触事故を起こしてスピンした。これによって 17位まで下がったが、そこから追い上げて 2位に入った。

ベッテルは今季 4勝目で総合ポイントを 171に伸ばし、1位を守った。ハミルトンは 163ポイントで 2位。

レースは 33周目にエリクソンザウバー)が起こした事故によって セーフティーカーが入り、先頭を走行していたベッテルはピットに戻ってタイヤ交換した。

2位を走行したボタスはタイヤ交換せずに先頭に立ち、そのまま逃げ切りを目指したが、成功しなかった。 ベッテルに追い抜かれ、さらに後続にも抜かれて結局 4位に終わった。


Copyright © 1996-2018 TSP21.com