F1ニュース


 
UPDATED 2018/7/2

フェルスタッペン初優勝
メルセデスは 2台リタイア

7月 1日 -- F1グランプリ第9戦オーストリアGP・決勝レース 71周はフェルスタッペンレッドブル)が 4番グリッドから発進して 27周目に先頭に立ち、今季初優勝した。

フロントローから発進したメルセデスの 2台はともにマシントラブルによってリタイアした。

ポールポジションのボタスは 1周目に 2位に下がり、 14周目に油圧系のトラブルでリタイアした。

2番グリッドから発進したハミルトンは先頭を走ったが、ボタスがリタイアした直後に導入されたセーフティーカーの時にタイヤ交換を行わないミスを犯し、 26周目に遅れてタイヤ交換を行って順位を下げた。 63周目にタイヤトラブルでマシンを止めてリタイアした。

フェラーリライコネンが 3番グリッドから発進して 1周目に 4位に下がったが、順位をあげて 2位に入った。

同僚のベッテルは 6番グリッドから発進して 1周目に 8位に下がったが、 順位をあげて 3位に入った。 総合ポイントを 146に伸ばし、ハミルトンを 1点上回って首位に返り咲いた。


Copyright © 1996-2018 TSP21.com