F1ニュース


 
UPDATED 2017/10/8

日本GP決勝ハミルトン優勝
ベッテルはリタイア

10月 8日 -- 日本GP決勝レース53周は ポールポジションから好発進したハミルトンメルセデス)が先頭を快走して優勝した。

ハミルトンと総合優勝を争うベッテルフェラーリ)は 1周目にエンジンパワーがあがらないトラブルに見舞われ、順位を落としていき、 4周目にピットに戻ってリタイアした。

フェルスタッペン(レッドブル)は 4番グリッドから好発進して スタート直後の 1コーナーで同僚のリカルドを抜いて 3位にあがった。 ベッテルの後退によって 2位にあがり、そのまま順位を守って 2位で終えた。リカルドは 3位だった。

ボタス(メルセデス)は 6番グリッドからスタートして 4位で終えた。

総合ポイントはハミルトンが 306に伸ばして首位を守った。 4度目の総合優勝に前進した。 ベッテルは 247のまま 2位。ボタスは 234で 3位。


Copyright © 1996-2017 TSP21.com