F1ニュース


 
UPDATED 2017/6/12

カナダGPハミルトン優勝
ベッテルはスタートで後退

6月 11日 -- 第7戦カナダGPはポールポジョシンから好発進したハミルトンメルセデス)が先頭を快走して順位を落とさずに最後まで走り切り、優勝した。

2番グリッドのベッテルフェラーリ)はスタートで出遅れて後方のマシンに抜かれて 1周目に 4位に後退した。 他のマシンとの接触によってフロントウィングを破損し、5周目にピットに戻り、最下位まで下がった。そこから追い上げて 4位で終えた。

フェルスタッペン(レッドブル)は 5番グリッドからロケットスタートを決めて 1コーナー出口で 2位に上がった。 その後は 10周目にマシントラブルを起こして停車し、リタイアした。

ボタス(メルセデス)は 3番グリッドから発進して 3位を走行し、フェルスタッペンが止まったことで順位をあげて 2位で終えた。 メルセデスは今季初の 1-2フィニッシュを決めた。

リカルド(レッドブル)は 6番グリッドから好発進して 順位を上げていき、11周目に 3位になった。 そのまま 3位で終えた。

マッサ(ウィリアムズ)とサインツ(トロ・ロッソ)は 1周目の 3コーナー付近で接触してマシンを大破させる大クラッシュ起こした。 2人とも自力で降車し、無事だった。


Copyright © 1996-2017 TSP21.com