TSP21 |  スポーツ |  F1  検索 |  Mail 
   F1 ルール改正 2011

 
  ブロウン・ディフューザー禁止
第 9戦イギリスGPからブロウン・ディフューザーが禁止された。
技術 ブロウン・ディフューザー

ダブルディフューザー禁止
2009年に問題となり、2010年に認められたダブルディフューザーが禁止。
技術 ダブルディフューザー

Fダクト禁止
空力性能を向上させ、速度をあげるFダクトが禁止。
技術 Fダクト

可変リアウィング導入
追い越しをふやす目的で可変リアウィング(DRS: Drag Reductions System)を導入する。 レースの最初 2周は使用できない。追い越しの時、前車に 1秒未満に近づいたときにのみ使用が許される。 予選では使用可能。ウェットコンディションでは使用禁止。
技術 可変リアウィング

KERS復活
2010年に自主規制されていた KERS(カーズ:運動エネルギー回収システム)が復活する。

 KERSと可変リアウィングの効力

最低重量の引き上げ
マシンの最低重量が 620kgから 640kgに引き上げられる。これにより、KERS搭載による重量の不利を軽減する。

107%ルール復活
予選 1回目で最速タイムから 107%を超えるドライバーはレースへの出走が認められない。 雨によるセッション中止など例外的な状況では適用されない。

予選のスロー走行制限
予選の予備周回で遅い走行をしないために、ピット出口のセイフティカーラインからピット入口前のセイフティカーラインの間に最大タイムが設定される。

チームオーダー禁止の撤廃
これまで違反基準や処分規定がなく、容認されていたチームオーダーの禁止規定が撤廃される。

タイヤ
インターミディエイトタイヤを再導入。 レース中にソフトとハードの双方を使用しなかったドライバーを失格とするペナルティを導入する。 イタリアのピレリ社が独占供給する。

ギアボックス
ギアボックスはこれまでの 4戦連続使用から 5戦連続使用へ変更される。

アンチイントルーションパネル
ドライバーの脚を保護するためアンチイントルーションパネルの導入を義務化する。


Copyright © 1996-2014 TSP21.com