TSP21 |  スポーツ |  F1  検索 |  Mail 
   F1 ルール改正 2007 

 
 
タイヤ交換復活
予選は「ノックアウト」方式が採用
タイヤ
ブリジストンの 1社供給。 各選手が各グランプリで使用できる ドライタイヤは倍の 14セットに増加。 ただし、初日は 4セットのみ使用可能。

フリー走行
60分から 90分に延長。 サードドライバーを含めた 3人の内、2人が出走できる。

エンジン
V8エンジンを使用。回転数は毎分1万9,000回転に制限。 これまでと同じく 2レースで 1基のエンジンを使用する。 2レースで 1基を使用する。 グランプリ 2日目と決勝レースのみ適用。

セーフティーカー
決勝レースでセーフティカーが導入された場合は トップを走るマシンから順に隊列を作る。 周回遅れのマシンは他車を追い抜いて周回差を挽回する。

ピット作業はセーフティカーの後ろに隊列が形成されてから 許される。

グリッド降格ペナルティー
エンジン交換は 10グリッド降格。 ギアボックス交換は 5グリッド降格。 重量違反は 10グリッドか 5グリッド降格。


Copyright © 1996-2014 TSP21.com