TSP21 |  スポーツ |  F1  検索 |  Mail 
   2006 ルール改正 

 
 
タイヤ交換復活
予選は「ノックアウト」方式が採用
タイヤ
ピットでのタイヤ交換が復活。 各選手は各グランプリで同じ仕様のドライ タイヤを 7セット使用できる。

予選方式
「ノックアウト」方式が採用。
最初の 15分でタイムの遅い 6台が最後尾の 6グリッドにつくことが決まる。 残った 16台のタイムは破棄され、新たに 15分間のアタックでタイムを競い、 遅い 6台が 11番から 16番グリッドにつく。 残った 10台はまた新たに 20分間でタイムを競い、 ポールポジションから 10番グリッドまでを決定する。

エンジン
容量が小さくなり、3リットル V10から 2.4リットル V8の使用が強要される。

給油
給油は予選開始から 30分間許可される。 最後の 10台に残らなかったマシンは 予選終了後にレース用の給油が行える。

最後の 10台に残ったマシンはレースをスタートする分を 給油して最後のタイムアタックに臨む。 ただし、予選で消費された燃料は レースのスタート前に補給できる。


Copyright © 1996-2014 TSP21.com