TSP21 |  スポーツ |  F1  検索 |  Mail 
   2005 ルール改正 

 
 
エンジンとタイヤに耐久性要求
空力によるダウンフォースも削減

予選方式
土曜午後 1時から 1回目を行い、 日曜午前に 2回目を行う。

エンジン
2005年はエンジンの耐久性がさらに重視され、 1基のエンジンで 2レースを走破することが義務付けられる。 違反すると 2戦目の決勝グリッドが 10ポジション後ろに下げられる 処分を受ける。

エアロダイナミクス
ディフューザーの高さが制限され、フロントウイングの 位置も +10cmから +15cmに高くなった。空力によるダウンフォースは約 20%削られた。

タイヤ
2種類のタイヤから1種類を選択することができ、 1GPで 2セットまで使用できる。1セットがフリー走行用で、 もう 1セットが予選とレース用。 レース中にタイヤが傷んだ場合は交換できるが、同時に給油を行うことはできない。 降雨によるウェットタイヤへの交換も認められる。

開幕戦のオーストラリアGPでタイヤに極度の摩耗が認められた場合、 1本だけペナルティなしで交換することが許されるようになった。

エクストラ・フォーメーションラップ
スタート直前のグリッド上で発進できないマシンが出た場合、そのままもう一度 フォーメーションラップ(予備周回)を行って体勢を整えなおす。 発進できなかったマシンはその間にピットへ戻されてピットスタートすることが出来る。

F1ルール改正 / 2009 / 2008 / 2007 / 2006 / 2005 / 2004 / 2003


Copyright © 1996-2014 TSP21.com