バスケットボール・ニュース


 
UPDATED 2019/9/7

日本W杯 4連敗
2Q以降失速で惨敗

9月 7日 -- FIBAバスケットボール・ワールドカップ日本が順位決定戦の第1戦をニュージーランドと行い、 2Q以降に失速して 111-81で敗れた。

エースの八村塁はNBA開幕を控え、ウィザーズのトレーニングキャンプに備えるために 1次リーグ敗退後に代表チームを離脱した。試合を欠場した。 篠山竜青は故障欠場した。

1Qはニック・ファジーカスを軸に積極的に攻撃してニュージーランドと互角に 渡りあい、29-29だった。2Qはシュートが決まらなくなり、失速した。 得点が伸びずに 55-39と大きくリードを許した。

3Qも失点が続いて悪い流れを変えられなかった。20点差をつけられて決着した。

ファジーカスが孤軍奮闘して 3ポイントを 5本入れ、31点 9リバウンド 4アシストの活躍だった。 先発出場した田中大貴は 10点 5アシストだった。

日本はこの後、9日にモンテネグロと対戦する。


Copyright © 1996-2019 TSP21.com